この記事は約1分19秒で読めます。

でんさいとは?ファクタリングとの違い

ネットワーク

でんさいは、電子記録債権のことで銀行などの金融機関で用いられているサービスです。でんさいの仕組みは、全国銀行協会が出資している株式会社全銀電子債権ネットワーク(でんさいネット)が、記録機関となっており、加盟している銀行などが債権を登録して管理を行うというものです。従来、銀行が行ってきた手形の場合には、銀行間のやり取りも可能でしたがネットワーク化されているわけではなく手続きを行って、支払いが行われるというもので時間も手数料もかかるもので、このため手形取引は同じ銀行で行うのが一般的な方法になります。しかし、このような取引の仕方は現代においてはあまり効率的ではなく、そこで、加盟する銀行であれば利用できる仕組みが考え出され、制度として登場したのがでんさいになります。

でんさいは、ファクタリングと似たところがあり、また手形ではない一括ファクタリングとも似ているものです。仕組みとしては一括ファクタリングを加盟している銀行間で行えるようになったものといえ、これによって決済がスムーズに行うことができます。メリットとしては約束手形とは異なって、発行手続きや発行管理が容易になったことのほか、書式が統一されたことによって利用できる銀行であれば発行と受け取りが簡単に行うことができるものです。またネットワーク化されたため離れた場所の銀行であっても迅速に手続きが行えるほか、登録された債権は分割することもできるため、部分譲渡が出来るようになり、分割したぶんだけ手形割引を受けることで大きな債権の一部から資金を調達しやすくなっています。デメリットは、銀行口座が必要なことですが、これは約束手形の場合も同じですから、それまで銀行を使って手形による支払いを行っていた場合には、利便性が増した仕組みです。

一方でファクタリングと異なるのは、銀行口座を保有しなければならないことで、でんさいが利用できるように手続きしなければなりません。またあくまでも利用できるのはでんさいとして登録されているものですから、それ以外の債権については現金化するといったことには使えないことです。この点でみればファクタリングは、売掛債権ごとまたは会社ごとに審査されて買取や保証が行われるのが大きな違いです。あくまでもでんさいはそれまでの手形による取引を電子化しネットワーク化したものといえるもので、継続的に利用していれば価値がありますが、そうではない場合にはファクタリングの方が使いやすく、売掛債権を現金化したり、保証するといったことができます。

「ファクタリング」の記事について紹介しています。こちらも合わせてどうぞ。
現金
【2社間】買取ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングにはいくつかの種類がありますが、買取タイプのものでは3社間と2社間があります。一般的に利用されるものは2社間ファクタリングです...

記事を読む

ABL
ABLとは?ファクタリングとの違い

ファクタリングと似たものとしてABLと呼ばれるサービスがあります。ABLはAssetBasedLendingの略ですが、日本語では売掛債権担...

記事を読む

海外
国際ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングでは、売掛債権がその売買のほか支払いの保証となるものですが、その中でも売買や保証が有益な分野として貿易があります。日本国内の商...

記事を読む

保険証
医療ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングが利用される分野のひとつとして、医療があります。日本の医療制度では健康保険が大きな役割を果たしており、保険適用の診療報酬の7割...

記事を読む

bank
ノンバンク系ビジネスローンのメリットとは

会社を経営していく上では資金繰りの安定が欠かせませんが、災害などによって資金が不足するということも想定されます。資金が不足すると毎月支払わな...

記事を読む