この記事は約1分18秒で読めます。

ノンバンク系ビジネスローンのメリットとは

bank

会社を経営していく上では資金繰りの安定が欠かせませんが、災害などによって資金が不足するということも想定されます。資金が不足すると毎月支払わなければならない経費を支払うことができなくなり、最悪の場合には倒産することになります。このため資金が不足すると考えられる場合には、何らかの方法で資金を調達しなければなりません。この資金を調達する方法としてはファクタリングや手形割引などがありますが、より直接的に資金を用立てる方法が銀行やノンバンクからお金を借り入れる方法です。

しかし、お金を借りるためには審査を受ける必要があります。急ぎの場合に、従来の方法で融資を受けるというのは時間がかかるもので、必要な時にお金を用意できないといったこともあり得ることです。そのような問題を解決したローンサービスがビジネスローンと呼ばれるものになります。ビジネスローンの仕組みは個人向けのカードローンやフリーローンなどと同じで与信審査を行って、その信用力に応じて融資限度額を設定するもので、その枠内であればいつでもお金を借り入れることができるものです。ビジネスローンは法人のほか個人事業主でも利用することができ、また会社や事業内容によって信用力が決定されます。このようなことから資金繰りに問題が発生する前から用意しておくことで、必要な時に資金を調達しやすくなるものです。

ビジネスローンは現在では銀行でも提供されるようになっていますが、もともとはノンバンクで行われたサービスになります。ノンバンクは貸金業者など銀行以外でお金の融資を行っている金融機関で、銀行とは異なり金利が高い代わりに信用力が低い会社や審査にかかる時間がはやく即日でも用意してくれるといった特徴があります。以前は問題のあるようなノンバンクもありましたが、2010年代以降は規制が厳しくなったことから淘汰されているものです。

ノンバンク系ビジネスローンを利用するメリットは、銀行と比べると審査基準が低いことです。近年は銀行でも審査基準が低いビジネスローンが登場していますが、実際には保証会社のノンバンクが入っていることもあり、実質的にはノンバンクのサービスを利用しているのと変わりありません。このような状況で銀行ではなくノンバンク系のビジネスローンを使うメリットは、やはり審査基準のほか審査にかかる時間が少なく即日でも利用することが可能なことです。また個人事業主でも利用しやすく、特に会社の規模が小さいところでも利用することができます。

「ファクタリング」の記事について紹介しています。こちらも合わせてどうぞ。
介護保険
【3社間】買取ファクタリングの仕組み・特徴

3社間ファクタリングは、2社間がファクタリングサービスを提供する会社と売掛債権の買取のほか支払いの補償を求める会社との間での取引であるのに対...

記事を読む

ネットワーク
でんさいとは?ファクタリングとの違い

でんさいは、電子記録債権のことで銀行などの金融機関で用いられているサービスです。でんさいの仕組みは、全国銀行協会が出資している株式会社全銀電...

記事を読む

海外
国際ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングでは、売掛債権がその売買のほか支払いの保証となるものですが、その中でも売買や保証が有益な分野として貿易があります。日本国内の商...

記事を読む

ABL
ABLとは?ファクタリングとの違い

ファクタリングと似たものとしてABLと呼ばれるサービスがあります。ABLはAssetBasedLendingの略ですが、日本語では売掛債権担...

記事を読む

保険証
医療ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングが利用される分野のひとつとして、医療があります。日本の医療制度では健康保険が大きな役割を果たしており、保険適用の診療報酬の7割...

記事を読む