パソコンを使用する男性
  • ホーム
  • 中古ドメインでサイトを運用する時の注意点

中古ドメインでサイトを運用する時の注意点

マーケティング目的でサイト開設をする折には、ドメイン取得することが必須になっています。このときには新規ドメインを取得するのか中古ドメインを購入するのかの二つの選択肢に直面することになるのです。新たにWEBサイトを立ち上げるにもかかわらず、あえて中古ドメインを購入することが真剣に検討されるべき課題になるのでしょうか。これは中古ドメインにはSEO対策において、新規ドメインにはない数々のメリットがあるからです。
そもそも中古ドメインとは公開されて契約期間が切れてしまい運用されていないドメインのことを指しています。新規ドメインにない点とは過去のドメイン取得後に運用期間があるので、サイト運営履歴のch区席があります。具体的には、コンテンツを更新し検索エンジンのクローラーにインデックスされた経緯を多少なりとも持っています。インデックスされたコンテンツが検索エンジンから高い評価を得ていれば、検索結果上位表示を受けた経験を持っている中古ドメインも存在します。検索エンジンの結果が上位表示されるということは、被リンク数を相当保有している場合が珍しくありません。過去の使用期間によっては被リンクやインデックスされた経緯などが豊富で、ドメインパワーが相当なレベルに到達しているドメインも存在しています。ドメインパワーはそのまま引き継がれるので、中古ドメインを取得してWEBサイトを立ち上げて、コンテンツを投稿すると検索エンジンのクローラーからも参照されやすく、コンテンツ公開後短時間のうちに、検索結果に反映される可能性は新規ドメインに比べると格段に高くなっているのです。
しかし中古ドメインのすべてがSEO対策上好ましいドメインパワーを持っているとは限りません。過去に獲得した被リンクや検索エンジンにインデックスされたような積極面だけでなく、過去の使用期間中に行ったガイドライン違反行為についてのペナルティなども同様に引き継ぐことになるのです。そのような事情があるため、中古ドメインを購入するときには、過去のペナルティの有無等を調査する必要があります。しかし実際には保証期間が短かく、調査するのは現実的に難しい場合があります。ペナルティ違反が発覚したハズレの中古ドメインはドメインパーキングの利用がおすすめです。専門のサイトで登録してドメインパーキングを利用することで広告掲載に対する対価を得ることが出来るからです。

関連記事