パソコンを使用する男性
  • ホーム
  • 中古ドメインを使うなら301リダイレクトが必要

中古ドメインを使うなら301リダイレクトが必要

中古ドメインを使用するときには、301リダイレクトが必須になります。この301リダイレクトとは、ドメインの変更やページのURLを変更する場合に、変更前のディレクトリから変更後にディレクトリに検索ユーザーと検索エンジンのクローラーを誘導することです。例えばドメインを別に移設した状況を想定してみましょう。
検索ユーザーにとってみれば旧サイトのディレクトリが表示されているので、検索ユーザーは移設前のURLを目にすることになります。結局検索ユーザーは現在では運用が停止しているサイトを訪問することになる訳です。このままの状態を放置するのは、ユーザーフレンドリーではなく運営側としても新しいサイトを訪問して欲しいものです。このようなニーズに応えるのが、301リダイレクトになります。結果的に移設前のサイトに訪れたユーザーを新しい現行サイトに誘導することも可能になるのです。
中古ドメインにはバックリンクや過去のコンテンツがインデックスされた実績を持っています。そこで301リダイレクトを利用することで、バックリンクや検索エンジンのインデックスした経緯などドメインパワーをすべて引き継げるので、SEO効果も見込めます。
このように301リダイレクトには、検索ユーザーを新たなサイトに誘導しドメインパワーを引き継ぐという役割がありますが、検索エンジンに対しても意義のあることです。例えば移設前のURLで”A”と言うコンテンツが主要ページに掲載されていますが、新設のURLでも同じ内容の”B”と言うコンテンツが表示されている事例を想定します。主要ページのコンテンツ内容は全く同一なのに、古いほうのAだけが表示されてBは全く出てきません。クローラーにしてみれば、同一内容であっても過去の運用期間に応じて検索結果を表示しているので新しいサイトの方は評価がはるかに低くなります。つまり検索エンジンのクローラーに新しいURLが正規のドメインと認識させることが、SEO効果を狙うためには必須の条件と言えます。従って中古ドメインが検索エンジンから高い評価を受けていればいるほど、301リダイレクトは必須になるわけです。
しかし301リダイレクトを利用するときには、不正行為と検索エンジンに誤解されないことが重要です。特に中古ドメインのバックリンクのなかにスパムやディレクトリサイトなどへのリンクが多数含まれていると、ガイドライン違反としてペナルティの対象になりかねないからです。

関連記事