この記事は約1分18秒で読めます。

国際ファクタリングの仕組み・特徴

海外

ファクタリングでは、売掛債権がその売買のほか支払いの保証となるものですが、その中でも売買や保証が有益な分野として貿易があります。日本国内の商取引であれば、代金を回収することはそれほど難しいものではありませんし、法律においても互いに同じものが適用されるものです。しかし、外国の会社と商取引を行う場合には距離的にみても代金の回収が難しく、また法律の違いからスムーズに行えないことも多くあります。この点で、専門に売掛債権を売買したり、保証をするという会社が仲介者となることで、リスクを回避して迅速な代金なやりとりをすることが可能です。このような国境を越えて行われるものは、国際ファクタリングと呼ばれています。

国際ファクタリングの仕組みそのものは国内で行われているものと変わりないもので、サービスを提供する会社に依頼して売掛債権の買取や保証を手数料を支払って行うものです。基本的に貿易では、取消不能信用状や保証状を入手することで、輸出国における輸出貿易保険などを利用するものですが、これらが難しい国もありますし、追加で行う場合にも手続きが煩雑になり費用もかかります。この点で、ファクタリングであれば煩わしい手続きを省略できるほかにも輸出入制度が整っていない国からの貿易を円滑に行うことができます。

国際ファクタリングでは、輸出業者が行うものでファクタリング会社に信用保証の引受を依頼して信用限度額を設定します。輸出入に関することですから費用は上下しますし期間もかわりますから、設定するのは限度額や期間などで、その範囲内での保証を行ってくれるものです。なお、サービスを行う会社は他の国のファクタリングサービスを行う会社と連携して行うことで、支払いを円滑にしているのが特徴です。代金の受け取りは相手国またはその周辺の会社が行って、日本に送金される仕組みです。支払いが行われなかった場合には日本の会社が代理で支払いが行われます。

費用としては、信用調査費のほか保証料やそのほか通信費などの経費などが必要になってくるものですが、費用としてはそれほど高いものではありません。また保証料は保証限度額と期間によって決まり、1ヶ月あたり設定した限度額に対して数%が発生します。割合はファクタリング会社やその状況によって変化するもので、フラットレートが適用されることもあるものです。基本的には、一時的に行われるほか円滑に行うために代金の支払いを国際ファクタリングにアウトソーシングしているケースもあります。

「ファクタリング」の記事について紹介しています。こちらも合わせてどうぞ。
ネットワーク
でんさいとは?ファクタリングとの違い

でんさいは、電子記録債権のことで銀行などの金融機関で用いられているサービスです。でんさいの仕組みは、全国銀行協会が出資している株式会社全銀電...

記事を読む

一括ファクタリング
一括ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングの多くは支払いを求める会社が行うものですが、中には支払いをする側の会社も行うことがあります。いずれもその時の事情によって選択さ...

記事を読む

bank
ノンバンク系ビジネスローンのメリットとは

会社を経営していく上では資金繰りの安定が欠かせませんが、災害などによって資金が不足するということも想定されます。資金が不足すると毎月支払わな...

記事を読む

ABL
ABLとは?ファクタリングとの違い

ファクタリングと似たものとしてABLと呼ばれるサービスがあります。ABLはAssetBasedLendingの略ですが、日本語では売掛債権担...

記事を読む

現金
【2社間】買取ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングにはいくつかの種類がありますが、買取タイプのものでは3社間と2社間があります。一般的に利用されるものは2社間ファクタリングです...

記事を読む