パソコンを使用する男性
  • ホーム
  • 自社でSEOが上手くいかない時は専門業者に頼むべき

自社でSEOが上手くいかない時は専門業者に頼むべき

パソコンを使用している男性

自社でWEBサイトを運営しマーケティングに活かしている状況にあって、SEO対策の重要性は論を俟ちません。検索結果上位に表示されることで自サイトへのトラッキング量の増加もみこめるだけでなく、コンテンツを目にしてもらうことで被リンクの数の獲得も期待できるからです。
しかしサイト開設当初はSEOについての経験が皆無のことが多いので試行錯誤を繰り返しながら、対策をその都度たてることになるので相当の時間と労力の消費を覚悟する必要があります。あるいは色々と効果的と思える対策を実践していても検索結果が下位に沈んでしまっているという状況もよくあるのです。思わしくない状況を打破する方法論には専門業者を利用するというものがあります。しかし実際に専門業者を利用してもGoogle検索などの結果に反映されない場合もあり、またその反対に優秀な専門業者に出会えれば心強い存在になります。そこでSEOの専門業者に依頼するときの注意点をご紹介します。
SEOは大きくわけると、外部施策と内部施策の2つになります。被リンク数は外部施策の主なもので、Google検索で上位表示するには必須の対策とされています。しかし一度サイトに訪問してもテキストリンクやパンくずリストの設置などの内部施策をとることで、コンテンツ同士の関連性を高め回遊性を高めたサイトも、Googleからも高く評価を得る上で重要なファクターと考えられています。そこで外部施策だけでなく内部施策も加えた総合的なSEO対策を提案してくれることが重要です。理想的なのはリスティング広告やSNS広告などにも対応し、WEBサイト制作も手がけるなどWEBマーケティング全般に対応する専門業者に依頼することです。
SEO会社のなかでは、過去の実績を喧伝することも多いわけですが、成功したクライアント名まで公開している事業者は少ないようです。逆を言えばクライアント名も含めた実績を公開できるのは、それだけ効果的な対策やノウハウを持っていることの客観的な証拠になるといえるわけです。
またSEOを代行しているだけでなく、自社でも実践している専門業者もおすすめです。自社での経験があるからこそ、クライアントの意向にそった対策を期待することができるからです。
そしてSEO専門業者の料金については、相場観を持ちにくいのが現実です。依頼先が数社、候補として上がっているときは料金について相見積もりをとれば、適正な料金をあり程度は認識することが可能です。

関連記事