パソコンを使用する男性
  • ホーム
  • 被リンク対策でマイナス要素がでることもあるので注意

被リンク対策でマイナス要素がでることもあるので注意

パソコンを使用する人

検索結果順位の上位表示を目的にサイト運営に取り組むなら、SEO対策は必須とされています。なかでも従来から重要と認識されてきたのは被リンクを数多く獲得することです。基本的には被リンクの数を多く獲得することです。被リンクとは外部サイトやブログで、自サイトのコンテンツ等に対してリンクを貼ることがあります。
Googleを筆頭に検索エンジンは、被リンクの数が多いと、クローラーが検索してきたコンテンツ内容などを高く評価するアルゴリズムを実装しています。検索エンジンが重視するのは、検索ユーザーにとって有益な情報や共感を持つことが出来る内容が検索結果上位に表示されれば、より検索エンジンの信頼性も増すことになり、最終的には広告収入などの収益増大につながります。わざわざ外部のサイトにリンクを貼るというのは、ユーザーがリンク先の情報を目にすることで何らかの有益な成果を得ることが出来たからの行動と言えます。
コピーテキストや外部サイトの記事の転載ばかりでは、新規の内容に乏しく検索ユーザーにとって価値のある情報は乏しいといえるので被リンクの数も期待できないでしょう。つまりコンテンツにはオリジナル性が必要というわけです。オリジナル性とは外のサイトにはない、新たな情報や知見などが含まれていることを意味します。
ところでコンテンツの独自性を推奨するのは、検索エンジンの裏をかくような手法でSEO対策を実践するとウェブマスターガイドラインなどに違反するリスクがあるからです。仮にオリジナル性あるコンテンツで充実していても、自作自演はペナルティを受けるリスクは否定できません。
自作自演の手法として代表的なものは、メインサイトのほかにサテライトサイトを開設して相互リンクを貼るという方法になります。形式的には別サイト同士で相互リンクをしているので、被リンクの数も増えることになる訳です。サテライトサイトもメインサイトとの関連性が濃厚で内容が異なっていれば、正規の被リンクとして評価されることもあります。ところが単独では情報価値の乏しく、リンクだけを目的にしていると自作自演と評価されて検索順位が下位に沈んだり、検索結果から排除されるリスクは存在しています。長期的な視点ではスパム手法も回避するべきです。スパム手法を採用することは短期的には検索順位の上位表示も見込めますが、長期的な視点にたてばいつかはガイドライン違反でペナルティを受ける公算が高くなります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧