パソコンを使用する男性
  • ホーム
  • SNSからのバックリンクは効果があるのか

SNSからのバックリンクは効果があるのか

最近ではモバイル経由での検索ユーザーの数が急増していることがあって、今後は検索エンジンはモバイルフレンドリーが重視される方向に軸足を移すものと予想されています。モバイルユーザーは、FacebookやtwitterなどのSNSのユーザーとも重複するため、検索エンジンとSNSの関係性に注目が集まっているようです。
そもそもSNSでバックリンクを貼る行為がSEO対策をもたらすのか、については色々な見解が表明されています。この問題については、Google関係者は検索結果に直接的な効果を持つことはないと明らかにしているのです。この発言の裏には、SNSではnofollowが付与されていることが大きく関係しているというのが大方の見方と言えます。
つまりFacebookやtwitter等ではシェアやリンクはnofollow属性が付与されているわけです。nofollowとは、検索エンジンにこれ以上のリンクを辿ることを否認することを意味しています。つまりクローラーはリンク先を辿ることはありません。従ってSNSにバックリンクが貼られていても、リンク先まで辿ることはないので直接的なSEO効果はもたらさない、と考えられているわけです。
しかし逆にnofollowを認識した段階で、検索エンジンが何らかの形で評価を与えるアルゴリズムが実装されているかもしれません。
他方でFacebookでいいね!やtwitterでツイートが大量についているサイトは、検索順位の上位表示されていることが良くあることも経験則上明らかにされています。しかし実態はいいね!やツイートが大量にシェアされているサイトは、コンテンツの中身が高く評価されていることの裏返しと考えることも出来ます。このように大量にシェアされるほど話題をさらっている有用なサイトやコンテンツは、検索エンジンからも評価されるのは確かです。
SNSが急速に普及しユーザーが増えている状況では、その影響力の強さは無視できないものがあります。
SNS経由からのトラフィックなどの流入が増加する傾向は、これから先も定着するものと見られているのです。たとえ検索結果の順位にはつながらなくても、巨大な影響力を踏まえればSNS経由の流入が増加し、コンバージョンにつながったり検索ユーザーが価値のあるコンテンツに接触することが出来るきっかけになる事もあります。従ってSNSのバックリンクにも価値はあり、SEO対策の一環に欠かせない対象になりつつあると評価できます。

関連記事