会社を経営していく上で欠かせないのが資金繰りで、事業を続けていく上で必要なお金がいつでも調達できるようにしておく必要があります。しかし、資金繰りは事業によっては難しくなることも多くあり、このため資金繰りが上手く行かないことで倒産するというケースもよく聞かれるものです。このような資金繰りを上手くいくようにする金融サービスが金融機関で用意されるようになっていますが、近年になって注目されるようになったのがファクタリングです。

銀行

ファクタリングそのものは歴史の古いものですが、日本では信用取引が主流であり銀行が行う約束手形など独自の決済サービスが普及したこともあってファクタリングはそれほど利用されてきていませんでした。しかし、現在では経済状況や取引に対する考え方の変化、金融規制の緩和などからファクタリングが利用される傾向にあります。ファクタリングは簡単に言えば売掛債権を買い取ったり、保証するというものです。特に資金繰りを改善するために使われるのが買取ですが、商取引を円滑にするために売掛債権の保証というのも使われています。

利用シーンとしては、買取の場合には何らかの理由で現金が必要になる場合に、すでに商品の販売やサービスの提供により代金の支払いが約束されている売掛金を手数料を支払って売却するというものです。銀行の約束手形割引と似たようなものですが、手形割引はその手形を発行している銀行しか行なえませんが、ファクタリングはさまざまな金融業者がサービスを提供することができます。また、信用力が低い会社や会社の規模からみて大きな事業を行う際に支払いを保証するためにファクタリングが利用されることもあり、この場合には保証会社的な意味合いを持つものです。

ファクタリングのメリットは、信用力が劣る会社でも利用することができ銀行などのつなぎ融資とは異なり、売掛債権の価値でお金が融通されますからすばやく資金を調達しなければならない利用シーンには有益な方法です。特に創業してまだ日が浅い会社では、実績が少ないため銀行からの融資が難しいですが、ファクタリングはすでに発生した実績をもとに行うので利用しやすいメリットがあります。デメリットは、高い手数料やさまざまな業者が参入していることです。
ファクタリング会社を選ぶ秘訣が載っているサイトもあるので、悪徳業者に利用されないように注意しましょう。銀行も参入していますが、利用するためのハードルが高いため、いつでも利用できるというのは貸金業者などが中心になり、また信用力によって手数料などが変化するため思ったほど資金が調達できないデメリットもあります。